スキューバダイビングを楽しもう!

楽しく、安心安全なスキューバダイビングにお役に立てる情報満載です!

スキューバダイビングの基礎技術から応用編、知って得するスキューバダイビングのコツなどを私の経験を交えて書いてます。
ある程度スキューバダイビングをやられている方にも、役立つ楽しい情報満載です。
もちろん、みて楽しいダイビングレポートや写真館で、きっと貴方は癒されるでしょう。
安心安全なスキューバダイビングの全てをご紹介する総合情報サイトでスキューバダイビングを100倍楽しみましょう!!

インフォメーション

新着記事

タイ・シミラン・クルージング・ダイビング(2016.01.28-02.02)奮闘記

タイ・プーケットの港から出発し、素晴らしいシミラン諸島のダイビングスポットをタイ最高級のクルーザーで回る6泊4日のダイビングツアーでした。(^^♪

成田発10:15のタイ国際航空TG641で出発し、その日の21時ころにはクルーザーに乗り込んで、明日のダイビングのために早めに寝ている予定でしたが・・・・・

とんでもないことが起きたのです!!

成田からバンコクまでは順調に行ったのですが、バンコクからプーケット行きの国内線に乗り継ぐ際に、問題が起きたのです。

みんな飛行機に乗り込んで、いよいよ出発となり滑走路に向かったのですが、どういうわけか滑走路を行ったり来たり2回くらいまわって、挙句の果てには元の場所に戻ってしまいました。

パイロットの訛りのあるよくわからない英語でアナウンスしているところによると、どうもタイヤのブレーキの利きが悪いらしく、これから修理します、修理がうまくいかなかったら別の飛行機に乗り換えて頂きますということでした。"(-""-)"

約2時間余り待って、どうやらこの飛行機で飛ぶことにしたらしい。それもなんとなく恐ろしい気がする。

しかし、事件はこれからなのでした。(;O;)

生死をさまよう空恐ろしいことがこれから起きるとは、乗員・乗客はもちろんパイロットすら知る由がなかったのです。(怖)


約40分ほどたち、そろそろプーケットと思っていると、ガクーン!と落ちたかと思うとフワッと浮き上がるという非常に激しく揺れ始めました。

そんなことを繰り返しながら、機体はだんだん高度を下げ始めました。

1200メートル、1000メートル、800メートル激しい上下運動を繰り返しながら、高度はだんだん下がってきました。

高度600メートル、残り距離7キロ!に来た!

その時また激しい落差があった、「ヤバい!もう高度がない!今度風に吹かれたら・・・地面に叩きつけられる!」と血の気が引くのを感じた。

と、そのときエンジン音が急に高くなり高度を上げ始めました。
着陸をあきらめ、リトライのため高度をあげに行ったようでした。
1200メートルほどにあげ、プーケット上空を旋回し始めました。

どうもかなり強い低気圧が居座っており、風が上空から地面に叩きつけるように吹き、着陸ができないようだ。


それからがまた長い!

何回か着陸を試みるが、低気圧が居座って危険なため着陸ができないのでぐるぐるとプーケットの上空を旋回していた。
phuket プーケット上空
☝座席のモニター画面の写真です。画面中央の赤い丸が着陸地点

約2時間ほど旋回している、バンコクを出てから約3時間。
もう、バンコクへ戻る燃料もないことだからプーケットに降りるしかない!

いよいよ最後の着陸トライ!

機体は着陸態勢に入った!

「どうか低気圧がいなくなっているように・・・」と祈った!


高度1000メートル、揺れはまだある・・・

高度800メートル、急にガーー!っと降下した!

乗客が「キャー!」っと大声で叫んだ。

高度600メートル、滑走路が見えてきた!

比較的穏やかに見えた。

揺れも少ない!

大丈夫だ!!


飛行機のタイヤが地面に着いた瞬間、ホォ~っと大きなため息と共に拍手が起きた!(^-^;

そんなこんなでバンコクからプーケットまで、通常なら50分のところを5時間もかかり大幅に遅れてしまいました。

すぐに車を飛ばしクルーザーに向かったが、港に着いたのはもう次の日を大きく過ぎていた。


クルーザーは私たちが乗り込むとすぐにダイビングポイントに向かって出発し夜中移動した。

これがまた問題でした!

本来は夜の9時ころ乗船し、すぐに出発しポイントに着いたらエンジンを止めてゆっくり寝ることができたのですが、夜中移動したためエンジン音がうるさくて寝られなかったのです。

そのためか、1日目の4本と2日目午前中2本のダイビングで体調悪くダウン!
風邪をひいてしまい残りはずっと部屋でごろごろしてダイビングどころではありませんでした。

そんなわけで、素晴らしいはずのシミランクルーズも半分くらいしか楽しめませんでした
(^-^; でも半分は十分に楽しみましたぁー

この問題の発端は、バンコク出発時のタイヤのブレーキの故障から始まっていたのでした。
あのブレーキの故障がなければ、プーケット上空の爆弾低気圧に会わなくってすんだのです。
でも命があったことに感謝しましょう(^-^;

これが「運」と言うものですね (^^ゞ


でも素晴らしい仲間とクルーたち、そして最高の海とかっこいいクルーザーで、大いに楽しめました!

みなさーん!! ありがとー(#^.^#)


そんなわけで、写真の一部をご紹介します。
シミラン
⇑ダイビング雑誌に載ってる感じで素晴らしいでしょ(^^♪

シミラン

シミラン

シミラン
⇑魚たちに上手に光が当たりピンク色でキレイ!奥にダイバーが3人が距離感を出している。


シミラン

シミラン
⇑この濃厚なカラミは・・・ ヤバ~イ  誰かさんのこと想い出しちゃう !(^^)!


シミラン

シミラン
⇑タカベの群れがきれいに入り、ダイバーとともに左上から右下への斜めの構図が水中のスケールの大きさを出していますね~(#^.^#)

シミラン

シミラン

まだまだ沢山の素晴らしい写真がありますが、別の機会に譲りましょう。。。
(写真は渡辺淑子さんからお借りしました。)


ハプアニューギニア・トゥフィ・リゾートダイビング(2015.10.31-11.07)


日本・成田から南へ向けて6時間半のフライトで「今世紀最後の楽園」とも、「天国に一番近い島」とも言われているパプアニューギニアに着く。
時差はプラス1時間。日本が6時の時はPNGでは7時になります。公用語はほとんど英語で他トク・ビジン語など沢山あるそうだ(約800種)
201511PNG_tufi地図

写真家の中村征夫さんのご子息の卓哉さんと行くフォトダイビングツアーに参加してきました。
卓哉さんも立派な写真家で数々の実績を残されている実力者です。

 


清水 淳プロのフォト教室 in ケラマ 11/21-22/2014

行ってきましたぁ~!(*^^)v

3泊4日のPADI、オリンパスとマリ-ンプロダクトのコラボツアー「ケラマ1Nightクルーズツアー8ダイブ付」です。
PADIオリンパス ケラマフォトツアー 集合写真


11月20日東京・羽田を出発し那覇のホテルで1泊し、翌21日朝8:30にピックアップしてもらいショップへ。
マリーンプロダクトのセミナールームで今回貸してくれるオリンパスカメラの使い方や、水中カメラの撮り方のポイントなどの説明を清水先生からしていただき、いざ海へ!

その前に、清水先生からの5つのお約束。

①水中モードで撮る
 水中できれいに撮れるように設計されている

②カメラの最高画質で撮る
 メディアは大きめのものを用意し、最高画質で仕上がりがきれい

③近づいて撮る
 手で捕まえられるくらいの距離(約30cm)

④フラッシュは内蔵フラッシュで撮る
 カメラ的には内蔵フラッシュできれいに撮れるように設計されている
 特にオリンパスカメラはストロボ強弱の調整ができる。

⑤ズームは使わない
 マリンスノーなどノイズが多く入るし、光が届かずボケる原因になる

まずはこの5つのお約束を守って写真を撮ってみましょうということです。

ショップから港までは10分程度で着きボートに乗船。

各自、機材セットの後、ケラマ諸島に出発。約1時間ほどかかる。
安全のため酔い止めを飲んで準備ばっちり。(*^^)v


全部で8ダイブあり、各ダイビングごとにテーマが与えられ、それに沿って写真を撮り
ボートに上がってタンクをチェンジしたら今の出来栄えをチェックしてもらい、次のダイビングに生かすというやり方で、知らず知らずに目の付けどころなどが変わってきて上手になります。
PADIオリンパス ケラマフォトツアー エントリー

潜ったポイントは以下の通り。
11月21日
①神宮(カミグー)
②神宮(カミグー)
③神宮(カミグー)
④安護の浦ー>サンセットダイブ

11月22日
①安護の浦ー>朝食前のアーリーモーニングダイブ
②唐馬
③唐馬
④ドラゴンレディ

今回の被写体ターゲットはクマノミをメインにし露出補正とフラッシュ補正で海のブルーや色などを確認しながら全体の構図を考えて水中写真を撮りました。

その中で私のベストスリーがこれ!

PADIオリンパス ケラマフォトツアー ベスト1
雑誌にありそうな構図ですが、カクレクマノミがちょうどこちらを見た瞬間をとらえ、ピントもクマノミの顔にあっていて動きを感じる1枚です。

PADIオリンパス ケラマフォトツアー ベスト2
イソギンチャクのゆらゆら感とハナビラクマノミの表情とバックの抜けるようなブルーと水面の光で立体感が出ている一枚。

PADIオリンパス ケラマフォトツアー ベスト3
隠れクマノミの一家がそれぞれちょこっと顔だしで、お父さんに守られていて安心の家族って感じ?


これからも教えていただいたことを思い出しながら水中写真にチャレンジしていきたいと思います。

一緒にダイビングしてくださった皆様!

ダイビング、水中フォトあり~の、飲み会あり~ので本当に楽しい3日間をありがとうございました。
PADIオリンパス ケラマフォトツアー 打ち上げ

また、ぜひご一緒しましょう!



伊豆海洋公園(IOP)で海中クリスマス(第23回)11月22日~12月25日

毎年恒例の海中クリスマスツリーが今年も飾られる。

ご存じ伊豆海洋公園(IOP)ダイビングセンターで2014年11月22日(土)から12月25日(木)までの期間、水深約18mの海底に全長約4mというビッグなクリスマスツリーを設置します。

伊豆海洋公園の海中クリスマスツリー
ツリーのそばには水中ポストも設置され海中から「クリスマスカード」を投函でき家族や友人や恋人たちに送ることができます。ロマンチックですね(*^_^*)

   

また、クリスマス特別企画として伊豆海洋公園ダイビングセンター・オリジナルのクリスマスカードもありますし、水中サンタの衣装の貸し出しも(無料)しています。

   
水中サンタの衣装を借りて水中クリスマスツリーと一緒に写った自分の写真をクリスマスカードとして郵送するのもいいかもね(#^.^#)

  

【クリスマス特別企画】
 
  
期間  :2014年11月22日(土)~12月25日(木)
 
  
場所  :伊豆海洋公園ダイビングセンター
イベント:(1)クリスマスツリー&水中ポスト、
       約4mのクリスマスツリーと水中ポストを水深約18mのポイントに設置。
     (2)伊豆海洋公園ダイビングセンター(IOP)
       オリジナルクリスマスカード
       ※クリスマスカードは無料、防水加工&送料110円、
        写真プリント代100円
     (3)サンタ衣装の貸し出し(無料)

    
【伊豆海洋公園ダイビングセンター】
所在地: 〒413-0231 静岡県伊東市富戸841-1
TEL  : 0557-51-1129
URL  : http://www.iop-dc.com

 

  


世界一深い室内プールでディープダイビングを!

なんと水深が35mもある室内のプールがドイツのブリュッセルにある。2004年に約5億円をかけて「Nemo33」と言うプールが建設された。

水温は常に30℃以上に保たれているので、ウェットスーツを使わなくてもダイビングを楽しむことが出来る。また、使用する水はフィルターを通した水のみを使用して塩素を一切使っていない。
スキューバダイビング

壁面には、横穴がいくつかあり、洞窟をダイビングしているイメージで、その中に入っていくことができ、洞窟探検や地形ダイビングに興味がある人には嬉しい施設だ。

PADIのアドヴァンス・ライセンスを取るにはディープダイビング(18m以上)をマスターしなければならないが、ここなら簡単に、かつ安全にトレーニングができる。

ここ「Nemo33」でスキューバダイビングするには、12歳以上でスキューバダイビングライセンスを所有していればOKです。ブルーホールに行く前にここでトレーニングと言うのもいいかも。

でも、ドイツのブリュッセルはちょっと遠いか。。。(#^.^#)